掛け捨てと貯蓄型

掛け捨てが安くなっている生命保険の中の定期保険に加入するか、貯蓄性が高い終身保険などに加入しているかは悩むところでしょう。掛け捨てでどうしても損をしていっているのではと気になってしまいますが、貯蓄性があれば保険料が高くなってしまいます。

保険を掛け捨てにするならば若い時には安くなりますが、更新していくたびに上がっていきます。一方で貯蓄型だと保険料は高めに設定されていますが、保険料を変えずに契約を更新することができます。したがって一生涯本当に保障となる場合には貯蓄型が向いていますので、それぞれの特徴を見出しておきましょう。

保険金をどうしても確実に残していきたい人や、葬式などの必要な費用などを工面する時には向いています。相続対策に使うこともできるため、貯蓄型を選択したい時の参考にするといいでしょう。掛け捨て型で加入を続けていきたい時には、更新するたびに保険料が上がることを確認する必要があります。さらに年齢や健康状態で契約を断られてしまうこともあります。したがって一時的であれば、掛け捨てにするといいでしょう。子どもが成人していくまでを掛け捨てとして保障を確保していき、年齢を重ねていくとともに安くしたいのであれば貯蓄型が理想的です。

 

養老保険の考え方

養老保険というのは満期保険金や死亡保険金を見ていくと、同額になっていることを確認できます。貯蓄をメインとしていますが、被保険者が死亡した時には契約が成立した翌日より目標金額を死亡保険金という形で受け取っていきます。死亡に関するリスクを一緒にカバーしている保険といっていいでしょう。満期保険金というのは銀行の定期であったり、積立満期で受け取れる金額と同じ感覚で問題ありません。

そして積立や一括払いといった形に分かれていきます。いくら毎月積み立てるかで、それなりの満期金を支払ってもらえます。積立もあれば一括もありますので、何年か経過した後で満期金を受け取ることができます。保険料を月払いで毎月払っていくか年払いにするかも分けていくことができます。、また一括払いにすると保障機能をつけても効果がないため、検討しながら決めていく必要があります。

保険の中には学資保険というのもあり、養老保険と比較することもあります。しかし学資保険は同じ感覚で問題ありませんが、被保険者が子どもと親になります。それぞれに死亡保障を持たせていくことができるため、リスクを考えながら準備することが重要です。ライフスタイルを検討しながら決めていくようにしましょう。

生命保険の種類

複雑に見えていくる生命保険は大別すると定期保険と養老保険、そして終身保険があります。それぞれを組み合わせていきながら、自分もしくは家族の目的であったりニーズに合うかチェックしながら加入していきます。こうして生命保険の調節を行うことが基本となります。

それぞれ見ていくと定期保険は保障内容を一定期間で受け取れるようになっています。掛捨てが基本ですが、保険料がその分だけ割安になっているのが特徴的です。保険期間について自動更新をかけていったり、他の種類に変換させていく自在性もあります。経済的に責任が重くなっている時には、万一の備えとして割安な金額で大きな保障をもてるようになっています。金額が大きくなってしまった時、保障内容を必要としていく期間を決めている場合は資金確保で適しています。また、その都度加入している保険を見直すことも大切です。結婚や妊娠、子供の成長などに合わせて希望保障内容は変化していきます。数ある保険会社の中で迷った時は、専門の窓口に相談するなど、保障内容を比較して検討しましょう。

次に養老保険ですが、保障だけでなく貯蓄目的でも利用可能な保険となっています。一定期間効果がありますが、保険期間の中で死亡してしまうと死亡保険金を受け取ることができます。満期時になると死亡保険金と同じ金額の満期保険金をもらうことができます。保険期間内でも解約返戻金を戻してもらうことができますが、その反面保険料が高くなります。最後に終身保険ですが、これは保障が一生涯で続いていきます。何歳で亡くなったとしても保険金を支払ってもらうことができますので、保障が将来必要にならなくても解約返戻金を戻せます。老後資金などで利用することができます。