生命保険の種類

複雑に見えていくる生命保険は大別すると定期保険と養老保険、そして終身保険があります。それぞれを組み合わせていきながら、自分もしくは家族の目的であったりニーズに合うかチェックしながら加入していきます。こうして生命保険の調節を行うことが基本となります。

それぞれ見ていくと定期保険は保障内容を一定期間で受け取れるようになっています。掛捨てが基本ですが、保険料がその分だけ割安になっているのが特徴的です。保険期間について自動更新をかけていったり、他の種類に変換させていく自在性もあります。経済的に責任が重くなっている時には、万一の備えとして割安な金額で大きな保障をもてるようになっています。金額が大きくなってしまった時、保障内容を必要としていく期間を決めている場合は資金確保で適しています。また、その都度加入している保険を見直すことも大切です。結婚や妊娠、子供の成長などに合わせて希望保障内容は変化していきます。数ある保険会社の中で迷った時は、専門の窓口に相談するなど、保障内容を比較して検討しましょう。

次に養老保険ですが、保障だけでなく貯蓄目的でも利用可能な保険となっています。一定期間効果がありますが、保険期間の中で死亡してしまうと死亡保険金を受け取ることができます。満期時になると死亡保険金と同じ金額の満期保険金をもらうことができます。保険期間内でも解約返戻金を戻してもらうことができますが、その反面保険料が高くなります。最後に終身保険ですが、これは保障が一生涯で続いていきます。何歳で亡くなったとしても保険金を支払ってもらうことができますので、保障が将来必要にならなくても解約返戻金を戻せます。老後資金などで利用することができます。